PR

Destiny2 ちょっとマイナーなエキゾチック武器と、その媒体の効果を検証

アフィリエイト広告を利用しています
スイートビジネス Destiny 2
スポンサーリンク
 

Audible Logo

Audible会員なら、12万以上の対象作品が聴き放題

Amazon Audible

 

今回はあまり使われてないエキゾチック武器と、その媒体の効果についての記事になります。

先日、やっとモンテカルロの媒体がドロップし、良い機会なので今まで取得したエキゾチックの媒体を完了させて実際に検証してみました。

 

今回紹介するエキゾチック武器はハッキリ言って[これってどこで使うんじゃい?]っていう武器になります。

どこで使えるかという問題は後回しにして、気分転換を兼ねて使ってみるとか、クランの仲間内でのお遊び感覚で使うのがいいかもしれません。

スポンサーリンク

モンテカルロ (Monte Carlo)/キネティック・オートライフル

今シーズン、モンテカルロに媒体が実装されたとの事でどんな効果があるのか期待してました。

しかし実際に媒体が完了して使ってみたところ「いや、そうじゃねぇ」という感じですw

モンテカルロ

最初この武器を見た時の印象が「銃剣」をイメージしているので、近接攻撃できるの?って思いましたが、実際には近接スキルが貯まっていくエキゾチックのオートライフルです。

内在特性:モンテカルロ方式・・・この武器でダメージを与えると近接攻撃のクールダウンが短縮され、敵をキルするごとに一定確率で近接スキルが最大までチャージされる。
武器のパーク:マルコフ連鎖・・・近接キルやこの武器でのキルに成功すると、ダメージが増加する。近接キルによりこの武器の弾薬を獲得する。

 

ちょっとややこしいですが、モンテカルロで敵に攻撃をヒットさせれば近接のチャージ回復が上昇します。

そしてモンテカルロで敵を倒すと「マルコフ連鎖」のバフが貯まり、最大5回まで貯めることができます。

モンテカルロ

近接キルなら1回で最大5まで貯まります。この場合の近接キルはスキルで倒しても普通に殴ってキルしても最大5まで貯まります。

この「マルコフ連鎖」ですが、モンテカルロで敵をキルしたら約4秒という短い時間で累積させる必要があります。

敵が多く出現するような状況でないと、モンテカルロの武器単体だけのキルで最大5まで貯めるのはちょっと大変かもしれません。

近接キルならすぐに最大5までバフが貯まるので、モンテカルロの武器でのキルと近接キルをうまく絡めてバフを貯めていくように使う感じです。

近接スキルを上手く活用出来るようなエキゾチック防具や、近接スキルを効率良く回すビルドで効果を発揮すると思います。

 

モンテカルロの媒体:マルコフ連鎖が5個スタックした状態で□長押しすると、近接攻撃とモンテカルロの銃剣を切り替える。銃剣の近接攻撃を当てると、近接エネルギーが付与される。

敵をキルして、マルコフ連鎖のバフが最大5まで貯まったら□長押しで銃剣として機能し、それで敵に攻撃を当てれば近接スキルが回復し、トドメを刺せればマルコフ連鎖がまた最大5まで回復するという感じです。

マルコフ連鎖×5の状態で長押しで「銃剣装着」と左下にログが出ます。

モンテカルロ 銃剣装着

この銃剣での攻撃は通常の近接よりも威力が高く、EDZのノーマルセクターで試したところ、ボスにヒットさせると体力の半分以上を削ることができました。

しかし銃剣装着としての機能は持続する訳ではなく、バフが溜まったら使える程度の代物です。

しかも銃剣の攻撃がヒットすればバフを消費するので、銃剣での攻撃はグレイブのように連続で使えません。

 

試しにコスモドロームの仲間割れイベントで銃剣が連続して使えるかどうか試してみました。

「銃剣装着」の状態から銃剣で敵を倒せば「マルコフ連鎖」が最大5になるので、すぐに□長押しして「銃剣装着」、それで敵をキルすればバフが最大まで貯まり、また□長押しして銃剣にして敵をキルして・・・という感じに銃剣を連続で使うことは一応可能です。

しかし□ボタン長押しをするのにスキができるので、多くの敵に囲まれた状態では使いにくいところがあります。

それにバフの効果が約4秒しかないので素早く長押ししないとバフの効果が無くなります。

「銃剣装着」とログが出た状態であれば、銃剣の攻撃がヒットもしくはキルするまで銃剣の効果は消えません。

モンテカルロ

確かに敵をキルすれば近接スキルが回復する効果はありますが、むしろ銃剣として使うのはオマケ程度と考えて、おもに近接スキルを活用したほうが効果がありそうです。

ハンターの投げナイフなどと組み合わせると面白いかもしれません。

ガーディアンそれぞれに戦い方がありますから、近接スキル主体のビルドを組むなら「モンテカルロ」を使ってみるのも良さそうです。

スポンサーリンク

スイートビジネス(Sweet Business)/キネティック・オートライフル

まったく使っていなかったので久しぶりに保管庫から取り出して使ってみました。

見た感じはガトリングガンのような武器です。

スイートビジネス

射撃を続けていけば発射レートが上がっていく武器で、とにかく撃ちまくりたい人には向いてます。

内在特性:ペイデイ・・・マガジンサイズが大きくなる。腰溜めで撃つ時の命中精度が向上する。特殊ウェポン弾またはヘビーウェポン弾を拾うと即座にこの武器がリロードされる。
武器のパーク:ビジネスタイム・・・連射すると射程距離と連射速度がブーストされる。

射撃中に落ちている特殊&ヘビーウェポン弾を拾えば弾薬が装填されて更に撃ちまくれるというパークがあるので、面白いと言えば面白い武器です。

腰溜め状態で周囲の敵集団を蹴散らすのに最適な武器です。敵を近寄らせないほどの火力でゴリ押しができます。

 

スイートビジネスの媒体:撃ち始めると、受けるダメージによるひるみが大幅に軽減する。

撃ちっぱなしの状態が続くのでひるみ軽減といっても実感が湧かないですが、何もないよりはマシという程度でしょうか。

スイートビジネス

このスイートビジネスの欠点は非常に取り回しが悪いことと撃ち始めのレートが低いこと。

しかも装填数が多いのと引き換えにリロードは遅い、遅すぎる・・・敵の目の前でガチャガチャリロードなんてしてたらタコ殴りにされますw

それをカバーする為にタイタンのエキゾチック防具アクティウム・ウォーリグを使うことになります。敵に対して強力な弾幕を張ることが可能ですから制圧力があります。

アクティウム・ウォーリグ

オートロードリング:手持ちの弾薬から、使用中のオートライフルまたはマシンガンのマガジンを一部定期的にリロードする。オートライフルとマシンガンの空中効果ステータスに中程度の恩恵を与える。

稀にPvPで使っている人も見受けられますが、取り回しが悪い事を考慮した立ち回りをしなければなりません。

出会い頭で撃ち合っても初期の発射レートが遅すぎて撃ち負けますから、あらかじめ最大レートにしてから撃ち合うといった使い方になると思います。

しかしスイートビジネスを使っていれば音でバレるので相手は警戒しますw

 

それと、この武器の媒体を完了するには敵のキル数だけではなく「スイートビジネスを使って4体以上の敵グループを倒せ」とあるので、普通に使っているだけでは媒体はなかなか進みません。

敵が多く出現する場所で媒体を進めることになりますから、月の「悲哀の祭壇」、迷宮の「強欲の支配」の最初のエリア、もしくはコスモドロームの「ディバイド」周辺が良さそうです。

特にコスモドロームの「ディバイド」は雑魚敵もそれなりにリスポーンしますし、ヘビー弾薬はドロップしやすいです。セクター内部も媒体を進めるにはうってつけの場所です。

ケルベロス+1(Cerberus+1) /キネティック・オートライフル

ほとんど使う機会も無く、タンスの肥やしにもならないエキゾチック武器ですが、媒体が完了してなかったので試しに使ってみることに。

ケルベロス+1

4つの銃身があるちょっと変わったエキゾチックオートライフル。この4つの銃身から弾丸を不規則に発射する武器です。

 

内在特性:4つ頭の犬・・・全てのバレルから一斉に弾が不規則に発射される。
武器のパーク:スプレッド・ショット・パッケージ・・・照準時に弾の集弾性能が上昇する。

武器のパラメータを見ると射程も安定性も普通のオートライフルに比べて低いです。

ADSして撃てば多少は集弾性能が上がりますが、フルオートのショットガンのような武器ですから狙って撃つというより弾をばらまく感じです。

近距離で壁に撃つと弾痕が4つ残るような感じですから、近距離で使えば敵に複数ヒットさせるのでそこそこ強いと思います。

ケルベロス+1

ケルベロス+1

しかし武器の構造上全ての弾丸が精密とはならないし、遠距離では弾がばらけて威力は落ちますから、火力はそれほど高くないという武器。

 

ケルベロス+1の媒体:□ボタン長押しする:拡散を絞った近距離分散弾を放つ

□ボタン長押しして試し撃ちしたんですが、確かに敵にヒットすればダメージは上がっているのを確認できます。

しかし近距離分散弾にすると発射レートが低くなります。それに安定性も低いので中距離の敵だと当てにくい感じがします。

これなら普通に使ってる方がいいんじゃね?ってなります。

ケルベロス+1

近距離分散弾はもう少しレートが高ければそれなりに使えるとは思うんですけど、あえてこの武器を使うメリットがないです。この辺はBungieにテコ入れしてもらわないとダメですねw

媒体を完了してもあまりメリットを感じない武器ですが、PvPなら使えるかもしれません。

サブマシンガンのように腰だめ撃ちで弾をばら撒くような使い方がいいのかなと思います。

ラットキング(Rat King)/キネティック・ピストル

うろ覚えですが、確かdestiny2の初期に登場したエキゾチックのピストルで、今は記念碑で購入できます。

あの当時はクエストを途中まで完了させて、その後のクエストが面倒だったから取得を諦めました。

この武器はクエストではなく記念碑で購入しました。

ラットキング

改めて使ってみると面白い武器ですが、これも使い道が限定される武器です。

敵をキルしてリロードすると消えることができる武器で、ソロで使えば普通のピストルですが、ファイアチームで装備すると途端に化けますw

ラットキング

 

内在特性:ラットパック・・・このフルオートの武器は、近くにいる仲間も装備していると威力を増す。6回まで累積可能。
武器のパーク:バーミン・・・敵を倒した直後にリロードすると一時的に姿が見えなくなる。

*内在特性の「威力を増す」という表記は厳密に言えば誤りで、正確にはラットキングを構えている仲間の数に応じて連射速度とマガジン数が増加するという特性で、総体的にDPSが上昇するという意味です。

ラットキングを使う人数が多いほど発射レートとマガジン数が上昇し、ラットキングを撃つ仲間が多いほどもの凄い火力が出ます。

 

試しにクランメンバーとレイドで「全員ラットキング」という装備で挑戦したことがありますが、火力どうこうよりも非常に楽しかったです。全員で使うと本当にぶっ壊れ武器になりますw

まぁレイドですから総合的に見たら射程距離によって威力減衰するので火力不足になりますし、ボスだけでなく雑魚敵にも対処しなければならないですから、この時はレイドはクリアできませんでした。面白そうだから試しにやってみたという感じです。

海外勢にはラットキングでレイドボスを倒したクランもあるようですが詳しい事はわかりませんw

 

ラットキングの媒体:照準補佐と反動方向を改善。バーミンの不可視性が発動すると体力が回復する。

このラットキングの媒体の進捗について、以前までは「この目的を進行するには、ファイアチームの仲間がラットキングでPvEキルを達成するしかない」という条件がありました。要するにチームで使えば媒体が進むようになってました。

しかし少し前のアップデートで、自分自身がキルしても媒体の進捗が進むようになったので、あちこちで使いながら媒体を完了させました。

DESTINY 2 更新7.2.0.1 – 魔術のシーズン より引用

  • ラットキング
    • ファイアチームのメンバーだけでなく、自分で使用しても進行するよう変更。
    • ファイアチームで他のプレイヤーが使用していると、自分の媒体に進行ボーナスが付く。

 

この媒体の効果はハンターでの運用が最適で、ハンターのエキゾチック防具「グラビトン・フォーフェイト」の効果も適用されるので、相乗効果が見込めるという利点があります。

グラビトン・フォーフェイト

消える影:姿を見えなくする不可視性の効果の持続時間を延長する。姿が見えない間は、近接のチャージ速度と武器のリロード速度が上昇し、回復力が大幅に向上する。

もちろん他のキャラでも使えますけど、ハンターのステルス性や隠密行動という点では相性ピッタリです。

PvPでも使えるとは思いますが、使うならランブルといった個人戦かなと思います。

まとめ

あまり話題に上がらないエキゾチック武器を紹介しました。

かなりクセのある武器ですから積極的に使おうとは思いませんが、ファイアチームでお遊び程度で使うならいいかもしれません。

機会があればまた全員ラットキングという遊びをしてみたいなと思います。

たまには個性が強い武器を使ってみるのも気分転換になって良いと思います。

*今回のエキゾチックの媒体に関しては、自分で色々と検証して確認した事を元に記事にしました。短い期間での検証したので、もし見落としや間違い等ありましたらメールにてお知らせ下さい。

 

Destiny 2エキゾチック