PR

Destiny2 シーズン20 光の終焉 ストーリー「伝説」クリアへの挑戦

アフィリエイト広告を利用しています
ムービー ワンショット Destiny 2
スポンサーリンク
 

Audible Logo

Audible会員なら、12万以上の対象作品が聴き放題

Amazon Audible

 

やっと【光の終焉】ストーリー「伝説」をクリアしました!

最初はソロでクリアしてやろうと意気込んで進めていったんですが、最後のカルスとの戦闘がどうしてもクリア出来ず・・・

フレンドに助けを求めて参加してもらい、ようやくクリアです!

バンジーからのメッセージ

今回は、このストーリー伝説での戦闘についての感想となります。

 

DESTINY 2:新規および復帰プレイヤー向けガイド

Bungie.net

 

スポンサーリンク

ストーリー「伝説」 ソロでの挑戦

新シーズンが始まった当初、フレンドの中には新DLCをまだ購入してないっていうフレンドも居ました。

結局は一緒にプレイすることが出来ずにソロでの挑戦となった訳です。

ストーリー伝説

「伝説」ということなので敵は強く、パワーハンデ状態での戦い。

当然受けるダメージは多く、こちらから与えるダメージは減少してます。

 

随所にギミック的な要素もあり、プレイヤーに飽きさせないという点もバンジーらしいです。

ストーリー伝説

ただ全体的なイメージとしては、とにかく敵がカタい!!っていう印象しかありませんでしたw

 

新たな敵「トーメンター」

バンジーのニュースなどを確認していたのでどんな敵なのかは理解していたつもりでしたが、改めて対峙してみるととんでもなく極悪なエネミーです。

トーメンター

まずボイドの斬撃での攻撃。

そしてボイドの斬撃が追尾してくる攻撃も非常にウザい!

接近してきて鎌を振り下ろす攻撃はプレイヤーのスキルを無効化してきます。

この攻撃を喰らうとグレネードやジャンプなどを一時的に使用不能にされてしまいます。

 

トーメンターの目が光ってからの近接攻撃は鎌を使ってこちらを掴んできます。

トーメンター 近接攻撃

たとえ捕まったとしても体力がフルの場合はなんとか耐えることはできますが、体力が減った状態で掴まれてしまうと簡単にダウンします。

捕まえられたらのがれるすべは無いので、とにかく捕まらないように逃げるしかありません。

 

それにこちらが攻撃をしてもほんの少しのダメージしか与えられません。

ロケットランチャーを直撃させても平気で攻撃してきます。

トーメンター

このトーメンターはストーリーをプレイしていれば何度か遭遇することになります。

 

トーメンターの対処法

何度か戦っていて、ある事に気が付きました。

コイツの弱点は光っている体の部分。

トーメンター 弱点

最初は両肩が光っているので、そこを攻撃すれば精密判定でダメージを与えることができます。

 

両肩を破壊すると今度はお腹(胸?)の周辺が光ります。

そこへダメージを与えることでトーメンターのHPを削っていきます。

トーメンター お腹 弱点

この感じ、確か門弟レイドの最後の敵「ルラク」での戦闘を思い出しますw

 

爆発系は効果無し

「トーメンター」は光っている弱点の部位を攻撃することでダメージを出すのが有効ということがわかったんですが・・・

そうなるとロケットランチャーやグレネードランチャーはあまり意味がないってことです。

爆発系や範囲攻撃では与えるダメージが微々たるものでしかないので、使用する武器を考えなくてはなりません。

 

特定箇所だけを狙える武器を使用することになります。

オートライフルでもスカウトでもいいし、パルスライフルやサブマシンガンも使えます。

リニア・フュージョンライフルやヘビーマシンガンも有効な攻撃手段になります。

とにかく爆発ダメージや範囲攻撃のようなやり方は通用しない敵です。

 

トーメンターの動きを抑制する

トーメンターは部位破壊をされると更に暴れてきます。

鎌の振り下ろし攻撃に関しては攻撃範囲が広いので、後ずさりしながらだと攻撃を喰らいやすいです。

横へ避けるか飛び越えるような感じでかわす方法が安全かもしれません。

 

しかし場所によっては避けることが難しい場合もあるので、その時はトーメンターの動きを封じるという方法もあります。

週間ストーリーミッション トーメンター

この画像はストーリークリア後の週間ストーリーミッション。 ストランドのシャックルグレネードでトーメンターを停止状態にしてます。

ステイシスで動きを止める方法もありますし、チルクリップ付きの武器で凍結させる方法もあります。

アークの「視力喪失」を使う方法や、単発式グレポンの混乱グレネードやボイドのサプレッサーグレネードで一時的に行動を鈍らせるのも効果的です。

危なくなったらトーメンターの動きを封じた方が安定してダメージを出せると思います。

 

スポンサーリンク

ストーリー最後の難関「カルス」を倒す

ストーリーの最終、「門弟カルス」を倒すところではかなり苦戦しました。

このエリアは丸いステージになっていて、周囲は細い通路が囲んでいるような状態。

通路の周囲には小さいエリアがありますが雑魚敵がいます。

遮蔽物も少なく足場も限られているようなステージ。

比較的狭い感じのエリア内で追いかけっこのような戦い方を強いられます。

 

カルスは中央で攻撃してきますし、通路の周囲に点在する狭いエリアには雑魚敵の他にも吹き飛ばし攻撃が強烈なカバルのリージョナリーがいます。

この吹き飛ばし攻撃はありえないぐらい強烈で、近距離で食らうとエリア外へ弾き出されます。

ちなみにカルスは頭が精密判定になってますけど、とても狙って撃つなんていう余裕はありませんwww

カルス以外の敵からも容赦なく攻撃にさらされ、しかも一定の場所から動かずにいるとカルスの範囲攻撃が来ます。

かなり広い攻撃範囲で、なおかつ喰らうと即死という嫌がらせ攻撃です。

 

それでもカルスのHPを減らしていくと追い打ちをかけるように「トーメンター」を召喚。

更にHPを減らせばもう一体召喚するという超極悪仕様。

トーメンターを倒さずに放置していると2体のトーメンターに追っかけられますw

いつの間にか近付かれて手痛い一撃を食らったり掴まれたりします。

定点から攻撃するというような安易な考えでは太刀打ち出来ない仕様。

バンジーも「ここまでやるか?」っていうぐらいの嫌がらせ? もとい、プレイヤーへの挑戦といった感じですw

 

ここのステージはソロで何回も挑戦し、もう少しで倒せると思った矢先に最後の最後にミスをしてダウン。

・・・頑張ったのにまた最初から???(>_<)

ここで心がポキっと折れましたw

 

フレンドと再度挑戦

ストーリーはチェックポイントから再開できるので、一旦クールダウンしてから対策を練ることに。

翌日再度チャレンジしますが、失敗してダウンする度に自分の中でモチベーションが落ちていくのがわかります。

今さら難易度変えてやり直すのも面倒だし、でもこのままでは先に進めないし・・・

結局、変なプライドは捨ててフレンドに協力を依頼しましたw

伝説をソロクリアしたフレンドが参加してくれたので、俄然やる気が湧いてきました。

ストーリー「伝説」の場合だと参加人数がいる場合は蘇生制限があり、一人一回しか蘇生権がありません。

何回かやり直して苦戦しましたけど何とかクリア!

フレンドに感謝です!!!

 

ファイアチームでの攻略法

カルスとの戦闘が始まる前にストランドのスキルを使用できるようになりますが、あえて使わないという選択もできます。

慣れないスキルで伝説をクリアするというのはちょっと厳しい気がします。

(ていうか最初はストランドで何回も挑戦してましたが)

フレンドはタイタンでソーラーサブクラスを使用。

タイタンは体力が減ってもサンスポットで回復できたり、回復グレネードが使えるのでダウンしにくいっていうのが理由だそうです。

 

こちらはウォーロックで、フレンドが参加してくれたのでボイドサブクラスに変更して挑戦しました

しかしどうしても上手くいかずに数回やり直した後、考えた末に再びストランドで挑戦することにしました。

フレンドは相変わらずソーラーでの挑戦です。

何度か危ない場面はありましたが、ストランドのグラップリングで素早く移動し難を逃れてましたw 

慣れてしまえば移動スピードはジャンプより断然速いです!

フレンドはカルスのいるサークル内で周回しながらダメージを与えてました。

こちらは外周を周りながら雑魚敵やトーメンターに少しずつダメージを与えつつ逃げ回り、頃合いを見計らってストランドのスーパースキルでトーメンターにトドメを刺してました。

 

最終的にエリアが狭められて、カルスは巨大なグラディエイターのような感じの第二形態となりますが、カルスは最初よりは柔らかくなります。

最後はサークル内でグルグル周りながらカルスを倒し、なんとかクリアすることができました。

結果としてトーメンターは倒しておいたほうが事故率は減るんじゃないかと思います。

 

YouTubeのソロクリアの動画を確認してみると、ストランドは使用せずにトーメンターをシカトして「カルス」のみにダメージを与えて倒してました。

この辺りはケースバイケースといったところでしょう。

 

ファイアチームでの戦いではトーメンターは非常に厄介な敵です。

チームを組んでの挑戦では、出来るだけトーメンターは倒しておいたほうがクリアしやすいのかなぁと思います。


*数日前、ストーリー伝説でのカルス戦において、開幕時のステージ下(階段の下というか裏側)へ潜るように侵入し、階段のすき間から攻撃するという動画がありました。

こういったゲームのバグというか穴みたいなものを発見することができるっていうのは単純にスゴイなぁと思います。

もしかすると修正が入るかもしれませんが、観ていて面白かったです。

 

まとめ

前シーズンの「漆黒の女王」の時も伝説でクリアしましたが、今回のストーリー伝説は更に意地悪・・・もとい挑戦的な内容になってます。

ニンバス

ストーリーが終わってもネオムナでのアクティビティやエキゾチッククエストなどもあります。

エキゾチックマシンガン

エキゾチックヘビーマシンガン「決定的混沌」のクエスト終盤の場面。レイド「救済の庭園」が舞台となります。

クエスト受注

公文書保管人、クイン・ラガーリからのクエスト。エキゾチックグレイブ「ウィンター・バイト」のクエストに繋がります。

ストランドのかけらも解放しなければならないし、やる事は多いです!

今回のストーリー「伝説」は、ソロでもファイアチームで挑戦しても楽しい内容になっていると思います。

 

Destiny2 シーズン20【抗戦のシーズン】 防具の改造パーツ一覧「ヘルメット」
シーズン20【抗戦のシーズン】の防具に装着するMODを一覧にしてみました。今回は頭部(ヘルメット)です。属性が廃止となったことでMODのコストや種類が増えてます。

Destiny 2